タスク管理の課題について

エンジニアにとって課題となるのがタスク管理です。これは与えられた仕事をこなしたり、あるいは会議など決まった時間に行うものとは異なる仕事を意味します。定められた納期までに仕上げる仕事がタスクですが、取り組む時間などは自由に決めることができるものです。自由であるからこそ、自分自身での管理が必要になります。そして大事なことは、何をすべきかも自分で作り出すということです。例えばエンジニアとして必要な新しいプログラム言語を学ぶといったことがあります。多くの開発会社では、そこまでの人材育成は行わないものです。スタッフのスキルをみて仕事を割り振るので、新しい仕事を得るには自分で勉強する必要があります。けれどもそのようなタスク管理となると、多くのエンジニアが後回しにするので、なかなか手をつけないものです。

そこで、自分が携わる職種の将来性について考えることが必要です。専門性を高めてコンサルタントとなるのか、あるいはプロジェクトを進行させる管理職へ転向するのかなど、色々とあります。将来どのようなキャリアを積んでいくのかによって、今すべきことがわかります。そのような目標を立てなければ、与えられた仕事に追われるだけで自分の将来を切り開くことができなくなってしまいます。つまり、タスク管理とは自分の将来を見据えた目標を立てることで上手く実行できることがわかります。そしてどのような将来性があるのかを知っておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15